計画的な利用を

やはり借り入れのしやすさからくる、返済までの道のりの険しさは注意してかからなくてはならないデメリットと言えるでしょう。一般的にカードローンの金利は年率10%を超えるのは当たり前です。消費者金融ならば大手であっても18%近い上限金利を設定されることも考えられます。

こうしたところで借りると繰上返済をするのは必須です。金融機関側からすると時間をかけて返済し続けてもらったほうが金利収入が上がるために案内は積極的にやっていませんが、月々の返済額の多くは金利支払いに消えていきます。元金の返済より金利支払いに優先的に充てられますので気にしていなければいつまで経っても元金が減らずに金利ばかり支払っているように錯覚します。もちろんしっかり減っているのですが、体感的にはなかなか返済が終わらずに苦労します。

いわゆるクレジットカードのリボ払いと同じで、使う必要があるときはぜひ取るべき手段ではありますが、余裕ができたら可能な限り速やかに完済に向けて動きを取るべきでしょう。完済には繰上返済という方法を使いますが、月々の指定されたタイミングと金額以上に返済を直接窓口から行えるのでカードローンを使うときには繰上返済の方法も確認しておきたいですね。

誰でも借りられる

カードローンの最大のメリットは誰でも借りられるというところです。担保になるような資産、例えば家や車、土地などがなくても借りることができます。それこそ正社員でなくとも、安定して収入が見込めて完済の見込みがしっかりあるなと見られたならば借りられるわけです。こういう誰でも使えるということはあらゆる人の最後の切り札として機能しているということにほかなりません。

それに加えてせっかく借り入れをしたいのならばできるだけギリギリまでそのタイミングを遅らせて金利の発生を抑えたいというのも人情です。そのために有効な手段として、カードローンのもう一つのメリット、貸出までの期間の短さを利用するべきです。最短であれば昼に申し込めば夕方には現金を振り込んでもらえます。

直接契約コーナーなどに出向いたならばさらに早くて審査時間に当たる一時間程度経てばすぐ横にあるATMから現金を直接引き出せます。緊急でお金が必要となる自体に直面した時にもこうしたスピード感はありがたいものです。
時間のない中で契約コーナーに出向けなくともインターネットから簡単に申し込みできますし、ウェブ完結と言われる一切店舗に出向かずに済むサービスも存在します。

参考サイト>キャッシング・消費者金融は新生銀行グループの【ノーローン】公式サイト