計画的な利用を

やはり借り入れのしやすさからくる、返済までの道のりの険しさは注意してかからなくてはならないデメリットと言えるでしょう。一般的にカードローンの金利は年率10%を超えるのは当たり前です。消費者金融ならば大手であっても18%近い上限金利を設定されることも考えられます

こうしたところで借りると繰上返済をするのは必須です。金融機関側からすると時間をかけて返済し続けてもらったほうが金利収入が上がるために案内は積極的にやっていませんが、月々の返済額の多くは金利支払いに消えていきます。元金の返済より金利支払いに優先的に充てられますので気にしていなければいつまで経っても元金が減らずに金利ばかり支払っているように錯覚します。もちろんしっかり減っているのですが、体感的にはなかなか返済が終わらずに苦労します。

いわゆるクレジットカードのリボ払いと同じで、使う必要があるときはぜひ取るべき手段ではありますが、余裕ができたら可能な限り速やかに完済に向けて動きを取るべきでしょう。完済には繰上返済という方法を使いますが、月々の指定されたタイミングと金額以上に返済を直接窓口から行えるのでカードローンを使うときには繰上返済の方法も確認しておきたいですね。