カードローンにまつわる基礎知識


カードローンは担保無しでお金を借りられる一般の方にも使いやすいローンです。

日常生活をしているうえでどうしても現金が必要になる場面は少なくありません。クレジットカードの支払いができないイベントや冠婚葬祭に急に参加することになった時などに使えます。

友人間の貸し借り、人によっては家族親族間であってもお金の貸し借りは喧嘩をしたり人間関係が悪くなるきっかけになりかねません。そうした事態を防ぐためには多少の金利支払いが発生したとしてもカードローンを使うのが適切な手段と言えます。

金融機関とのそうした取引が初回だという人でも比較的門戸が開かれているのがカードローンの特徴と言えますが、これ以外にもメリットといえるところがいくつかあります。一方で名前はカードローンと言ってもその内実は借金に当たるわけですから注意しなくては支払額がかさんでしまってあとから非常に苦労するはめにもなりかねません。

自制心をしっかり持っている、スケジュール立ててしっかり返済までの道筋を、しかも余裕を持って組めるという人でなければ安易に使ってはいけないものであるのもまた事実です。こうしたメリットデメリットを使い始める前にしっかり把握して、その上でもどうしても必要だと自分の中で納得をしてからでなければ使ってはいけない類のものでもあります。

しかし怖がりすぎて使わないというのももったいない話だと思いますのでまずメリットデメリットを整理しましょう。

関連記事:誰でも借りられる